新感覚のカカオドリンク"Crio Bru クリオブルー"。見た目はブラックコーヒー、香りはチョコレート。最高級カカオ豆100%を焙煎して挽いたクリオブルーが日本初上陸!

2018年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    
今日
2018年 03月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 
FAQ
製品について
クリオブルーとは何ですか?
クリオブルーは天然カカオ豆(ココア豆)100%で作られていて、美味しく焙煎されています。人々から称賛される幻のカカオ豆とよばれるクリオーロから名付けられたクリオブルー(Crio Bru)。口の中に広がる複雑なチョコレートテイストとカカオ豆自身が放つアロマに衝撃を受けることでしょう!

クリオブルーは究極のスーパーフードです。低カロリーで、糖分ゼロ脂肪分ゼロ乳成分ゼロナトリウムゼロコレステロールゼロです。

クリオブルーは新ドリンクであると同時に、古代のドリンクでもあります。数百年もの間、インカ帝国、マヤ帝国、オルメカ帝国、アステカ帝国の王と人民はカカオ(Ka’kao)を飲んでいましたが、古代が現代と交わりそれは変わりました。今のチョコレートを作るプロセスではカカオの素晴らしい健康作用は失われてしまいますが、クリオブルーにはその健康効果は維持されています。
クリオブルーはコーヒーや紅茶のようですか?
クリオブルーはコーヒーとも紅茶とも違うカカオ豆を焙煎した商品です。
淹れ方は紅茶よりコーヒーに似た特質をもっています。しかし、あまり薄く淹れると紅茶のような色と味になることもあります。濃い目に淹れることをおすすめします。
詳しくは、クリオブルーの美味しい淹れ方のポイントのページをごらんください
クリオブルーはオーガニック(有機栽培)製品ですか?
現時点ではアイボリーコースト産のカバラ以外のクリオブルーのカカオ豆はすべてオーガニックです。
USDA ORGANIC Seal(米農務省のオーガニックマーク)をパッケージにつけるためにオーガニック認証を取得しようとしています。
クリオブルーはフェアトレードを行っていますか?
たとえ生産農家が公正取引の証明手数料を払わなくてもいいほど小規模であっても、クリオブルーは常に公正な取引価格、またはそれ以上の価格を支払っています。
成分について
クリオブルーにはカフェインが含まれていますか?
種類によって異なりますが、カカオ豆にはカフェインの含有量は微量またはゼロです。チョコレート(カカオ)にはカフェインが含まれているという誤解は主に2つの類似したアルカロイド(カフェインとテオブロミン)を混同してしまうことによっておこります。この2つの興奮作用のある成分には関連性があり、似た科学構成をしていますが、非常に異なる特性、影響と起源があります。

1993年の研究では、チョコレートから重さ1.3%のテオブロミン、最高5.82%のセロトミン(気持ちを高め、活力強化、精神的な集中力を良くし、睡眠パターンを改善して、不安を減らし、体脂肪を減少させる有機化合物)が検出されましたが、カフェインは検出されませんでした。

カカオには主に3つの種類があります:クリオロ、トリニタリオ、フォラステロです。世界のカカオの1-2%はクリオロ豆、10-20%はトリニタリオ豆、残りはフォラステロ豆です。 トリニタリオ豆とファラステロ豆には一般的にカフェインがほとんどないのに対して、クリオロ豆にはテオブロミンが最もおおく含まれていると同時にカフェインが極微量含まれています。
クリオブルーには習慣性がありますか?
いいえ。クリオは習慣性のないカカオで作られています。
授乳時にクリオブルーを飲んでも安全ですか?テオブロミンは赤ちゃんに悪い影響を与えませんか?
妊娠中、授乳中にチョコレートを食べている女性達の研究が実施されておりますが、一般的にチョコレートが赤ちゃんに悪い影響を与えることはないだろうとされています。テオブロミンは母親が母乳を作るのに効果的だと述べている研究も実際にあります。但し体質の問題はあるかと思いますので、ご心配であれば事前に産婦人科にご相談頂く事をオススメいたします。
クリオブルーの原料は何ですか?
クリオブルーはカカオ100%で作られています。
クリオブルーには炭水化物が含まれていますか?
クリオブルーには出来上がり1杯(粉大さじ2杯)あたり1.5gの炭水化物しか含まれていません。またそれは糖質からくるものではありません。
クリオブルーを淹れると上のほうに小さい油の粒がういているのが見えます。
クリオは脂肪分ゼロだと思っていたのですが?
クリオブルーは1つの原材料―カカオ豆―からできているので、カカオ豆のエッセンシャルオイル(精油)が抽出されるのです。栄養研究所でテストした結果、出来上がり一杯につき脂肪分の含有量がとても少ないので、実質上、脂質分ゼロとなります。含まれる脂肪分のほとんどがオリーブオイルやナッツ類、アボカドに含まれるような健康的な脂肪分です。

脂肪には3種類あります:1)1価不飽和脂肪=良い 2)多価不飽和脂肪=良い/ふつう 3)飽和脂肪=悪い

ココアの中の主要な“良い”脂肪は、オレイン酸(オリーブ油で見つかる同じ健康脂肪酸)です。オレイン酸は、体重増加の一因となることなく、私たちに自然のエネルギーを与えます。
クリオブルーのココアは、コーヒーより酸性の飲み物ですか?
Crioはリトマス・スケールでの5.5であることが示され、生のココア(カカオ)と一致していました。コーヒーは、5.0でより酸性です。Crioとコーヒーは、ビールまたはどんな果物ジュースよりも中性で、炭酸水(二酸化炭素が溶かされた結果、炭酸を含みます)に類似しています。

含まれている特定の種類の酸(タンニン酸、脂肪酸、クロロゲン酸、フェノール酸と脂環式酸)のために、多くの人が時間とともにコーヒーを飲むのが難しくなります。ココアには異なる種類の酸(ステアリン酸、パルミチン酸、シュウ酸とフィチン酸)が含まれています。

コーヒーを飲むことができなくなった人がCrioを飲んでも問題がないことがわかりました。念のため、飲むのは少量から始める必要があるかもしれません。もし心配であれば、飲まれる前に医師と相談されることをおすすめします。